明日は何を食べようか

*

いきなり!黄金伝説。他県からなぜか?客があつまる大人気ローカル食堂ベスト3


いきなり!黄金伝説。2016/04/21放送分。

人気ローカル食堂をサンドウィッチマンが調査

201604.ou2

サンドウィッチマン (お笑いコンビ) – Wikipedia

公式サイト:GRAPE COMPANY

伊達みきおさん(左)と富澤たけしさん(右)のお二人が、ローカル食堂の美味しそうなメニューを紹介していきます♪

お二人のトークは本当に面白いですよね、この企画の楽しみでもあります。

 

 

まずは最初のメニュー、調査キーワードは

・町の救世主

・ぱりぱりぷりぷり

・見たことがない

 

街頭インタビューでは

・しゃもが有名

・ぷりっぷりの食感

・他店とはかなり違う

 第三位 とんかつ割烹とん鈴

住所:茨城県久慈郡大子町大子825-1

食べログ:とん鈴

 

メニューは人気NO1

奥久慈しゃも石焼き親子丼 1200円

201604.ou3

出典:http://www.ibarakiguide.jp/

5年前、開店40年目にして開発した料理が人気爆発。他県からもお客さんがくるようになった。

最後まで温かく、熱々で食べれるように石鍋で提供。

 

ご主人が細かくレシピを教えてくださいました。

タレ作り、以下を煮ます。

・みりん400ml

・日本酒200ml

・しょうゆ400ml

・砂糖40g

タレはお砂糖少な目のさっぱり味

 

・たまねぎ二分の一個

・しめじ50g

奥久慈しゃも(もも肉)80g

をタレにいれ中火で二分ほど煮込む。

しゃもは八割ほど火を通し、硬くならないように煮過ぎ注意。

・卵(奥久慈しゃも)二個をといて入れる。

 

器は石鍋、ご飯250g入れた後先ほどの具材を上からかけてさらにぐつぐつと。

最後に卵黄を一つ上に乗せて完成。

 

伊達「しゃもからのダシを感じますね、ほんですげぇ熱々」

伊達「ダシがね、ジュワ~っと良い香りになって、底にご飯がくっついて、ご飯がぱりっとおこげが生まれる」

伊達「石焼親子丼ありだね、全部石焼にするべきだね」

富澤「しゃも、ぷりっぷり」

伊達「卵の旨みと鶏肉の旨みと玉ねぎの甘み」

富澤「あと他人の痛みね、それが不思議と分かる感じ」

伊達「親子丼の概念かわりましたね」

 

人気NO2メニュー

味噌煮込みかつ定食 1400円

使用するのは茨城県ブランド豚ローズポーク

卵と牛乳、生パン粉をつけてカラッと揚げた後、カツを鉄板にのせ秘伝の味噌ダレをかける。

 

伊達「うまい!肉の甘みがハンパない、ご飯がすすむ味だね」

伊達「味噌どろっとしてない、サラッとしてる。名古屋で食べたことのある味噌カツとはまったく違う感じ」

富澤「味噌もそんなにみそみそしてない」

 

・富澤調査報告

いつまでもアツアツを食べてもらいたい
という大将の思い。
それを生み出した夫婦、そして親子の愛。
そして子供に優しい町のシステム。
大子は親子の愛情にまみれた町だった。

 

・伊達調査報告

大子を愛し、お客様を愛し、
奥様を愛す。
この大子町の将来に大きなきっかけを
作ってくれた気がする。
子育ての町、大子町
親子の町、大子町
DAIGOと北川景子さんも来て欲し
うぃっしゅ!

 

 

二つ目のメニュー、調査キーワードは

・一子相伝

・3つの食材

・ぷるぷる

 

街頭インタビューでは

・使用する食材、ホルモン、豆腐、キャベツ

家族の中でも決まった人しか味付けできない

・従業員さんは味付けのところには入れない

 

第二位 ホルモン幸楽

住所:秋田県鹿角市花輪堰向5

食べログ:ホルモン幸楽 – 鹿角花輪

 

幸楽のホルモン人気セット 1200円

201604.ou4

使うのは秋田のブランド豚、八幡平ポーク。

ホルモンを毎日、365日仕入れる。冷凍しないことで食べたときにぷりぷり感が出る。

豚のホルモンだけじゃなく、牛のホルモンもミックス。

旦那さんもタレの味付けはしらない。

 

伊達「ぷるぷる、これね素人でも分かる、新鮮だってのが。すごい肉厚だしホルモンが。これうまい」

富澤「ウマーベラス!だいぶ甘め」

伊達「豆腐にしてもキャベツにしてもタレの染み込み方がスゴイ。もう何日も漬け込んだような」

 

・伊達調査報告

三代続く最強のタレを使い、
まさかのジンギスカン鍋で焼く
ご飯にもビールにもうどんにも
なんにでもあう!
全国から食べに来る価値あり!!

・富澤調査報告

本当に親子の間でしか教えられない秘伝のタレ。
この甘辛のタレにジンギスカンの鍋が加わり
新鮮なホルモンが投入される。
どうしてもタレの秘密が知りたいなら
養子になるしかないのだろう

 

 

三つ目のメニュー、調査キーワードは

・魔法の手

・中華店

・厚切りグローブ

 

街頭インタビューでは

・グローブは豚肉、肉厚だけど硬くなくて弾力がある

・タレは甘辛

・ガッツリ系

・匂いがすごく良い

・キャベツどっさり

 

第一位 まつもとの來來憲

住所:三重県四日市市松本2丁目7−24

公式HP:まつもとの来来憲

食べログ:まつもとの来来憲

 

大とんてき定食 1725円

201604.ou5

使うのは三重県産の豚の肩ロース、一人前250g

熱した中華なべにラード、ニンニクを敷く。豚肉を揚げ焼きで調理

途中蒸し状態にすることによって肉の中まで火が通り柔らかくなる。

仕上げに秘伝のタレ。胡椒、ウスターソースと共に投入。

お肉の旨みとラードが一つになることで完成

 

伊達「メチャクチャうまいです」

ご主人さんと握手

富澤「やわから、うわっ、うまぁ、ウマーベラス!」

 

富澤「外カリッカリなのに中がやわらかい、ジュワッとでてくるね」

伊達「これは美味いですわ。この厚さでサクッと噛み切れる豚肉は食べたことないですね」

お肉の柔らかさの秘訣は

・火の使い方

・油の量

・焼き上げるタイミング

だそうです。

伊達「このタレ自体がしょっぱそうに見えるけど全然しょっぱくない」

富澤「あっさり入っちゃう」

伊達「肉に肉汁がかかってる」

富澤「絶対画面的にはもの凄いこってりに見えてるはず、でもそうじゃないの」

富澤「見た目より全然あっさりしてる」

伊達「さらさらいける感じ」

 

・伊達調査報告

親方の愛情に全力で返すご主人
トンテキという名のボールで
心のキャッチボールをしているようだった。
その味を楽しみに全国から
お客があつまってくるのだろう。

・富澤調査報告

グローブの正体はトンテキだった。
師弟の絆で伝えられてきた秘伝のタレ。
その味を守りつつ、
真似しようとしてもできない味のグローブに
昔からのお客さんも新規のお客さんも

ハートをキャッチされてしまうのだろう。

 

いきなり!黄金伝説。はテレビ朝日系列、毎週木曜日夜7時からです、皆みてね♪


  • にほんブログ村 2ちゃんねるブログ 2ちゃんねる(食べ物)へ
 

  関連記事

TOP